50代おやじのアイコスとグロー7番勝負!両方使ってわかった味・匂い・使い勝手などの違い

ガジェット
50代Tana
50代Tana

アイコスグローってどっちがいいか迷いますよね。デバイスもけっこう値段が高いし買ってから後悔したくない‥。

そこで私はアイコスを3年間使って、いまはグローを使っているので率直な感想を7番勝負にしてご紹介しようと思います。

ちなみに私はもともと紙巻きたばこを20歳から吸い始めて、電子タバコに替えるまで約25年間ほぼ全銘柄を吸ってきた経験があります。

したがって「たばこ好き」の感想としてリアルにお伝えしようと思います。

アイコスとグロー7番勝負①吸いごたえ

アイコスとグロー7番勝負①吸いごたえ

吸いごたえは「アイコス」のほうが強い
50代Tana
50代Tana

これは間違いなくアイコスのほうがガツンッ!と、喉にくる強い吸いごたえがあります。

グローはインパクトが弱いのも間違いないですが、今までのデバイスではなく私が使っている「PRO」であれば”ブーストモード”がついているのでまだ吸いごたえは強くなります。

でも正直なところグローPROのブーストモードを使うと吸いごたえは強くなって満足できる領域にまで達しますが、それだけ味が荒々しくなって”焦がした感”がいっそう強まるのは否めません。

アイコスとグロー7番勝負②味わい

アイコスとグロー7番勝負②味わい

ヤニッぽいこってり感があるのは「グロー」

味わいは完全にグローのほうがウマいです。

50代Tana
50代Tana

私もずっとアイコスを吸っていましたが、のど越しはガツンッとくるので満足度は高いけど味についてはウマいと感じたことが一度もありませんでした。

ただニコチンを吸収するためだけにアイコスを吸っていたという感じですが、グローに変えてからは「味がウマくて吸っている」という感じになっています。

洋モク好きの人なら分かると思いますが、BAT(ブリティッシュアメリカンタバコ)の紙巻きたばこにある「ベタッとしたウマいコク」が感じられるのがグローの味わいと思えばいいかと思います。

とくに私が好きなインパクトミントカプセルだからよりその味わいが強いのかもしれませんが、全体的にBATならではのうま味が強いのがグローの特徴です。

アイコスとグロー7番勝負②味わい

この味の違いは思った以上に段違いで、私もグローを吸い始めるときはアイコスのような味も素っ気もない感じをイメージしていましたが全然違いました。

アイコスは味がウマくてたくさん吸うってことはなかったのですが、グローにしてからは間違いなく「ウマくて吸っている」という状態になっています。本数も増えました。

アイコスとグロー7番勝負③匂い

アイコスとグロー7番勝負③匂い

グローのほうが嫌な匂いがしない

匂いを比較すると、アイコスよりもグローのほうがはるかに良い香りです。

50代Tana
50代Tana

アイコスは間違っても良い香りとはいえませんが、アイコス時代には子供が嫌がっていたのがグローにしてからは見事に全然なんとも言わなくなりました。

どっちにしても匂いが部屋に残るという事はありませんが、アイコスよりもグローのほうがさらにサッと香りが引いていく感じ。それにアイコスのようにタバコ感をまったく感じずフレーバーのよい香りだけ感じます。

これは車の中でも同じで、グローの匂いは子供がまったく嫌がらない。

もし匂いも気にするのであれば、グローのほうがはるかにおすすめです。

アイコスとグロー7番勝負④デバイスの操作性

アイコスとグロー7番勝負④デバイスの操作性

ややグローのほうが操作しやすい
50代Tana
50代Tana

このデバイスについては見た通りのイメージでアイコスが「太くて短い」グローが「細くて長い」ためこの点ではアイコスの方が操作しやすいです。グローのスティックは細いので一度折れてしまうと2度と入りません。

しかしデバイス本体はやはりグローのほうが簡単で、とくにアイコスのように「中のブレードに刺す」という作業がないためわりとストレスが少なくなるような気がします。

アイコスの「ブレードに刺す」という作業は思った以上にストレスで、とくにスティックがガチガチになっているのが1箱に2つくらい入っているので刺さらない。

それに比べるとグローのスティックのほうが「注意をすればほぼ100%成功できる」という感じなので、グローの方が操作しやすいです。

アイコスとグロー7番勝負⑤手入れ

アイコスとグロー7番勝負⑤手入れ

段違いでグローの勝ち

この手入れについてはグローの勝利、というしかないです。

50代Tana
50代Tana

私も3年間アイコスを使ってきましたが、この手入れのときにブレードが2回折れました。さらにほぼ毎日掃除しないとマズくなったり刺さりにくくなったりするので大変。

それに比べてグローの掃除はめっちゃ簡単で楽。

物理的に「刺す」ことがないので、それがないだけでも全然楽に感じるのがグローです。

ちなみにアイコスの手入れに使っていたのがこれ。

アイコスとグロー7番勝負⑤手入れ

ベビー綿棒、消毒用エタノール、つまようじ、マイナスドライバーの4点セット。

まずつまようじで細部の汚れを落として、マイナスドライバーでブレードの頑固な汚れをそぎ落とす。さらにベビー綿棒をエタノールに浸して磨き逆側で拭き取る。

それに対してグローの掃除は‥

アイコスとグロー7番勝負⑤手入れ

穴に綿棒を通して軽くゴシゴシすればOK。貫通しているので両側から綿棒を通せばより完璧に掃除ができます。

この掃除の違いというのは本当に大きくて、毎日のことだからめっちゃ変わります。

もし楽に電子タバコを楽しもうと思えば、間違いなくグローがおすすめです。

アイコスとグロー7番勝負⑥故障

アイコスとグロー7番勝負⑥故障

まだ未知数だけどアイコスの方が多いと思う

私のアイコスは3年間で5回壊れました。(本体1回、カートリッジ4回)

このうち3回は電気系統で、2回はブレード折れ。

50代Tana
50代Tana

ブレード折れはまだ物的なことが原因なのでわかりますが、電気系統はどこがどうなって不具合が出ているのかまったくわからないためめっちゃ焦ります。

アイコス公式サイトにサポートがあって不具合の状況を確認すると最後には「交換してください」に辿り着いて、保証期間内であれば無償ですが過ぎていれば有償になります。(購入から6ヶ月間でレシートなどわかるものがないとダメ)

それに対してグローは使い始めて6ヶ月を経過していますが、いまのところ不具合など全く出ておらず「どこが壊れるんだろう‥」と壊れる要素を感じないまま過ごしているところです。

また壊れたら情報をシェアしようと思いますが、まだ壊れた経験がないので未知数ということで。

アイコスとグロー7番勝負⑦値段

アイコスとグロー7番勝負⑦値段

値段はすべてグローのほうが安いです

アイコスとグローの価格を比較すると、トータルでグローのほうが安い。

50代Tana
50代Tana

デバイスもアイコスのほぼ半額で購入できるしスティックも私が好んでいる「インパクトミントカプセル」であればアイコスよりもけっこう安く購入できます。

ちなみに2019年冬の時点で

  • アイコスヒートスティック520円
  • グローインパクトミントカプセル460円

けっこう大きな違いになっています。

デバイスもスティックも安く購入できるのは、間違いなくグローです。

アイコスとグロー比較まとめ

アイコスとグロー比較まとめ

ここまでをまとめてみます。

アイコスグロー
吸いごたえ強いProのブーストは強い
味わいウマいとは思わないウマい
匂い子供が嫌がった子供がまったく気にしない
デバイスの操作性刺さらないことがわりとあるたまに折れる
手入れめっちゃ大変めっちゃ楽
故障多いたぶん少なそう
値段デバイス・スティックとも高いデバイス約半額スティック安い

これが「私が実際に両方を使った感想」です。

50代Tana
50代Tana

いまはグローを使っていますがそれもアイコスが”赤点滅”を始めて充電ができたりできなかったりし始めたため「もういい加減にしてくれ!」と思ってグローに乗り換えました。

以前からグローは簡単そうで興味があったのですが、インパクト(のど越し)が弱いと言われていたのでアイコスからの乗り換えを躊躇していました。

しかし正直な口コミとして、今ではグローにして良かったと思います。

グローも”Pro”が発売されたことで弱かった吸いごたえを改善できているし、それに何といっても「味がウマい」ので本数が多くなってしまっていること。

BAT特有の濃いうま味を感じたいのであれば、間違いなくグローをおすすめします。

もしアイコスを使っていてグローに乗り換えると”ポップコーン感”を強めに感じるかもしれませんが、私もそれが嫌だと思ってましたが一瞬で慣れます。したがってその点は大丈夫。

もしこれから電子タバコをお考えでしたら、私は間違いなくグローのほうが「ウマい・安い・楽」ということで私ならすすめたいかなと思います。

 

 おすすめ記事 

【安くて簡単!】電子たばこ「グロー(glo)」掃除の仕方

コメント

タイトルとURLをコピーしました