【50代デビュー】ゴープロ(Gopro)の始め方|初めに揃える備品・おやじ注目アイテム・使い方のコツ

ゴープロ(Gopro)の始め方|初めに揃える備品・おやじ注目アイテム・使い方のコツ 未分類
50代Tana
50代Tana

今回はゴープロ(Gopro)の始め方として、初めに揃えておく備品や50代おやじにおすすめアイテム・使い方のコツなどを詳しくご紹介します。

私もおもにYouTubeに動画をアップしようと思って、いろいろとビデオ撮影機材を考えましたが50代でも楽に使えそうだったゴープロ(Gopro)を購入しました。

ゴープロ

今ではすっかり「ゴープロのある生活」になっています。

ちなみに私のは”GOProヒーロー7”というやつで、2019年春くらいに購入しました。

実際にゴープロを使ってみて50代おやじでも簡単に使えそうと思えばレビューしようと考えてましたが、思った以上にめっちゃ便利だったので紹介します。

  • ゴープロの始め方が知りたい!
  • これからYouTubeに動画をアップしてみよう!
  • 50代になって簡単に使えるビデオカメラが欲しい!

とお考えでしたら、きっと少しは参考になるかと思います。

ゴープロの始め方

ゴープロの始め方

まずゴープロの始め方として、初めに揃えておく備品を紹介します。

この写真は私が揃えている備品全てなので、簡単に説明します。

  1. ゴープロ本体と基本セット(アタッチメント)が入っている箱
  2. SDカード
  3. 予備バッテリーセット
  4. ネックマウントストラップ

ゴープロと一緒に揃えるもの「SDカード」

ゴープロと一緒に揃えるもの「SDカード」

ゴープロの基本セットには「SDカード」が入っていません。

したがって別に購入しなければいけません。

このSDカードを購入しないと、せっかく撮影しても”保存される場所”がないのですべてがムダになってしまいます。

したがって初めてゴープロを購入するときは「ゴープロ基本セット+SDカード」が最低限必要と覚えておかれるといいです。

私も危うくゴープロ基本セットだけを購入しようとして、SDカードはどうなってるんだ?と思って調べて気付きアマゾンで128GB SanDiskを別に購入しました。

ちなみに128GBあれば十分の容量で、転送速度も速いし問題なく使えています。ゴープロのSDカードではいちばんよく使われているタイプのようです。

50代Tana
50代Tana

ただしお店によってはこのSDカードも付属されているところもあるので、そのあたりはしっかりとチェックなさってみてください。

これでゴープロを始める準備が整いました。

※SDカードの入れ方と抜き方

SDカードの入れ方と抜き方

SDカードを入れるときはカチッと音がするまで押し込みます。

またSDカードの抜き方は、グッと押し込むと上に飛び出てきますのであとは引き抜けばOKです。

さらにゴープロを便利にする50代おやじに嬉しいアイテム

さらにゴープロを便利にする50代おやじに嬉しいアイテム

以上ご紹介した内容でゴープロを始めることができますが、さらに私も購入した50代おやじにとってより便利でまた疲れないアイテムを2つご紹介します。

50代おやじに便利な手ぶらアイテム「ネックストラップ」

50代おやじに便利な手ぶらアイテム「ネックストラップ」

50代Tana
50代Tana

50代おやじにとくにおすすめなアイテムが「GOproネックマウントストラップ」です。

そもそもゴープロは”アクションカメラ”ということもあって、なるべく手ぶらで両手が使える方がとんでもなく疲れにくく便利です。

実際にわあつぃもゴープロ撮影をするときはほとんどこの「【Taisioner】ネックマウントGoPro用」を使っていて、ゴープロ自体の重さも軽いので首に負担が来ることなくめっちゃ楽に撮影ができます。

私は趣味のウォーキング動画などを作っていて、ほかにもゴープロの手ぶら撮影についていろいろと考えましたが「GOproネックマウントストラップ」がいちばん便利でベストな方法でした。

できれば持っておいた方がいいと思うアイテムです。

あればより便利なのが「予備バッテリー」

あればより便利なのが「予備バッテリー」

50代Tana
50代Tana

ゴープロの弱点ともいえるのが”バッテリーの持ちの悪さ”ですが、最高が質の「4K」で撮影するとフル充電で1時間しか持ちません。

ゴープロは画素数を落として撮影すると電池は長持ちしますが、せっかく画面がキレイなゴープロなので高画質で撮影しないと勿体ないです。

そこでおすすめなのが「ゴープロ予備バッテリー&充電器セット」です。

私も購入して使っていますが、これも「あって良かった!」と思えるアイテム。

とくに旅行動画を撮影するときには予備バッテリーがなければあっという間になくなってしまうので、できれば持っておきたいアイテムの1つです。

 

ここまでアイテムが揃っていれば十分です。

ゴープロに必要な備品も揃って、しかも楽に手ぶら撮影ができます。

ゴープロ編集におすすめのソフトは?

ゴープロ編集におすすめのソフトは?

ゴープロの編集については、私は”Windowsムービーメーカー”でやってます。

ただし注意したいのが「4K撮影」をすると編集できないこと。

4Kより下の画素で撮影した動画であれば編集できるので、私はあえて4Kではなく1つ下の「2.7K」で撮影をしてムービーメーカーで編集をしています。

ゴープロはそもそも解像度に強いアクションカメラなので、4Kではなく2.7Kでも十分にキレイな画面になります。よほど神経質でない限り問題ないと思います。

GoProにジンバル(スタビライザー)は必要?

GoProにジンバル(スタビライザー)は必要?

私は「GoPro Hero7」を使っていますが、まずジンバルなんてものは必要ありません。

かなり手振れ機能が優秀で、ちょっとやそっとの振動は完全に抑えてくれるから。

私もGoProを購入するときにジンバルも同時に買おうと思ったんですよ。

しかし皆さんのGoPro7レビューを見ていると、どうもジンバルなくてもいけるっぽい。

とりあえずGoProだけを購入して使ってみることに。

すると思った以上に手振れ機能が優れていて、ジンバルなんて購入しなくてもまったく大丈夫!

まずはジンバルなしでGoProを使ってみては。

GoProの録画ができてない‥!?何で?

GoProの録画ができてない‥!?何で?

GoProを使っていると、急に「録画できない状態」になることがあります。

いつものように録画ボタンを押して撮影スタート!

しかし撮影が終わってみると「あれ‥?録画できてない‥」なんてことがありました。

せっかく苦労して録画をしたのに、もう2度とやり直しも出来ずすべてパー!!!

そこで調べてみたら、

どうも「アップデートが出来ていない状態」が理由とか。

なんだよ!アップデート情報くらい教えてくれよ!

と思いましたが、いくら調べてみてもアップデートのお知らせは来ないようでした。

なのでGoProは、

「録画してみて止まるようならアップデートが必要かも」

ということ。

したがって、

  • 撮影をする前に録画ができるか毎回録画をしてみてチェックする。
  • アップデートの情報がないか調べてみる。

という2つの行動をしてから録画をしないと、せっかくの苦労がすべて水の泡になるのでかなり注意が必要です。

このトラブルがあったため私はむやみにGoProをおすすめしません。

アップデートがあってもせめて録画だけは可能にするとか、そういった改善がない限りはビデオカメラとして致命的なトラブルになるので次にGoProを購入することはありません。

もしGoProの購入をお考えでしたら、これが改善されるまでは他の機種をおすすめします。

GoProはアップデートしないと「無音」で録画停止するのがたち悪い

GoProはアップデートしないと「無音」で録画停止するのがたち悪い

あまりにGoProにがっかりしたので、さらにもう1つでメリット。

GoProは「アップデートしないと録画が止まる」というお話しをしましたが、せめて止まるときにエラー音とかが流れてくれれば撮影を中止するわけですよ。

しかし、な~んにも音がしない。

いつのまにか録画が止まっているので、こっちは気付きようがないんです。

とくに私の場合は首からぶら下げて撮影をするので、動いているかどうかなんてわかりゃせん。

電源ボタン、録画ボタンを押したときは音が鳴ってくれるので分かりやすいですよ。

でも肝心な「録画中のエラー」で音が鳴ってくれないのは、これはダメでしょ。

ビデオカメラで録画中のエラーに気付けないって、どう考えてみても致命的なマイナス。

ちょっとGoProの致命的なデメリットだと思ったので書き足しておきました。

50代おやじにとって「ゴープロの魅力」とは?

50代おやじにとって「ゴープロの魅力」とは?

50代Tana
50代Tana

50代おやじにとってゴープロの魅力は「小さいのに写真とビデオが両方できる」ということかなと思います。

カメラと一般的なビデオカメラを持って歩くことを考えると、それだけで大変。

それが小さなボディ1つあれば両方できて、しかもアクションカメラ最高峰といわれるほどの高画質。さらに手振れ機能が優れているので画面もキレイなのがゴープロの魅力です。

この「写真とビデオが両方できる」というのが50代にとっては大きいですね。

しかも、ものすごく高画質。

さらに首からぶら下げれば両手が自由に使える。

それでいてゴープロは肩コリになるような重さでもないので、とにかく楽ちん。

一度使ったら、間違いなく気に入ると思います。

写真も動画も高画質なので、今までは一眼レフを使っていたけど全然使わなくなりました。

ぜひYouTubeデビューをして副業なさってみてはいかがでしょうか。

ただしアップデートしないと録画が止まる‥という、わけのわからない不具合が改善されれば。

 

 おすすめ 

GoProなら➝【GoPro公式限定】GoPro HERO8 Black

OSMOなら【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました